要注意!出産を期に痔になる女性が多いわけ。

こんばんは!

本日は嫁のお届けです٩( ᐛ )و

 

今日は病院に行ってきました(´-ω-`)

薄々というか、だいぶ気づいていたんですが

出産直後からになったのでは?

と悩んでおりました。

私は特に便秘でも下痢でもなく

食生活も野菜を多く取り入れるように

気を使っていたので

いつか治るだろう

とあぐらをかいておりました。

しかし痔になって1年以上経っても全く治らず

先日座ったときに違和感を感じ、

イチゴジャム のような出血が∑(゚Д゚)

これはもしかして疣痔(いぼじ)?と焦り

人生初の肛門科へ。

受診の結果内痔核という軽度の痔

ということでまぁひとまず安心?致しました。

 

私のように出産を期に痔になる女性は

結構多いようです。

その理由は、、、

妊娠中は10キロ前後の重みで

数ヶ月間肛門が圧迫された状態になります。

肛門付近の皮膚はとても薄いらしく

圧迫された状態で排便をするとこすれて

皮膚が傷つき出血したり

排便時に痛みを伴ったりします。

⇨そしての道をたどる、、、

私の場合も

  • 出血や痛みなどで排便のストレス
  • 出血の為下着が汚れる

などの悩みが、、、

その為生理じゃないのに

ナプキンをしなければならないのも面倒です。

ここで、、、

病院へ行くか否か、、、

とても悩むところですよね。

他人に肛門を見られるとなると

男女関係なく気がひけるところ、、、

痔は多くの場合が病院に行っても

  • 軟膏などのお薬の処方
  • 経過観察

という感じで結局病院で何か処置をされる

ということはあまりないようです。

私もそうでした。

しかし

疣痔のように肛門の外に疣が出てくる場合は

手術が必要な場合もありますし、

痔で出血しているのかと思っていたら

実はだったという場合もあるらしく

安心する為に病院へ行くのは私的に有りかな

と思いました。

実際軟膏をつけるだけでも

かなり楽になりますし、

病院にどうしても抵抗のある方は

まずは、よくCMでみかけるボラギノール

など使用してみて

様子をみるのも有りだと思います。

あと私は肛門科に女性の医師がいる病院を

調べて行ったのですが

今日は出勤しておらず

結局男性の医師に診てもらいました。

なので受診前に電話で確認することをお勧めします。

医師から忠告されたことは、、、

  • ウォシュレット肛門を清潔にしておくこと
  • なるべく湯船につかること
  • 刺激物はとらないこと
  • 便秘にならないようにすること
  • 腰に負荷のかかる姿勢をとらないこと

(血行が悪くならないようにする)

をおススメされました。

もし悩んでいる方がいたら

よかったら参考にしてみてください。

私も頑張ります(;_;)